ドラマ

福地桃子の姉や父も芸能人?【朝ドラ】なつぞらの柴田夕見子役!

NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」

なつ(広瀬すず)の父親の戦友である柴田剛男(藤木直人)の長女・柴田夕見子役を演じているのは、女優の福地桃子さんです。

ドラマでは、なつと同じ年の女の子です。

はじめはよそからやってきたなつにわだかまりを感じていました。

でも一緒に暮らしていくうちに、お互いに悩みを打ち明けられる、本当の姉妹のような関係になっていきます。

夕見子は冷静で、俯瞰で家族のことを見ています。

その自分の軸を見失わない、まっすぐとした性格が福地桃子さんによってうまく表現されています。

そんな福地さんですが、実はあの有名な芸能人一家の娘さんだったんです!!

福地桃子さんのプロフィールや気になる家族のことをまとめました(^_-)-☆

スポンサーリンク

【なつぞら】福地桃子のプロフィール

 


福地桃子 プロフィール

生年月日 1997年10月26日
出身地 東京都
身長 153cm
血液型 A型
特技 バレーボール

福地桃子さんは現在21歳です。

2018年はドラマ「あなたには帰る家がある」「チア☆ダン」に出演していました。

2019年2月には初主演映画「あまのがわ」が公開されるなど、今後さらなる飛躍が期待される若手女優さんです!

【なつぞら】福地桃子の父親は?

福地桃子さんは俳優の哀川翔さんの次女であることを、共演をきっかけにカミングアウトしています。

目元や顔の輪郭が似ていますよね(^_-)-☆

今月17日21時から放映されるテレビ東京系ドラマ「水曜ミステリー9『借王(シャッキング)~華麗なる借金返済作戦~』」で父親である哀川翔さんと共演しています。

このドラマが福地桃子さんのデビュー作となりました。

それまでも父の仕事場についていき、映画の世界に触れることで俳優という仕事に興味を持つようになりました。

この作品に出演したことがきっかけで女優を目指すことにし、あこがれの新垣結衣が所属する事務所レプロエンタテイメントに入ります。

自分の力だけで本名の福地桃子で有名になりたいという気持ちの強さから、芸名ではなく本名を使うことにしたようです。

そのため、親が哀川翔さんであることもデビュー後しばらくの間は公にされていませんでした。

ドラマ共演以外にも、「あいつ何してる?2時間スペシャル」などバラエティ番組でも親子で共演しています。

【なつぞら】福地桃子の姉は歌手

また、哀川翔さんの妻・青地公美さんは2回離婚しており、翔さんとは3回目の結婚です。

哀川翔の妻・青地公美さんの連れ子であるminamiさんは音楽グループのボーカルをしていることがわかっています。

つまり、福地桃子さんの異父姉ですね!

minamiさんは、高校時代の同級生のhirocoさんとともにcossami(コッサミ)という音楽グループを結成しました。

アニメ「獣の奏者エリン」(NHK)のエンディングテーマ「after the rain」と挿入歌で2009年にメジャーデビューを果たしています。


哀川翔さんは妻の連れ子、実子関係なく「全員俺の子だ!」と変わらず愛情を注いでいるとバラエティ番組で発言していました。

それはどちらの娘さんとも親子共演をしていたり、舞台やライブに応援に駆け付けていることからもわかりますよね~。

スポンサーリンク

まとめ

2017年度後期「わろてんか」、18年度前期「半分、青い。」に続き、3度目の正直でオーディションに合格した福地桃子さん。

『なつぞら』のオーディションでは背伸びしないでできたので、以前のように息苦しさも感じなかったことが良かったのでは、と振り返っています。

夕見子と自分には見た目も考え方も共通点が見つからず、役作りが難しかったといいます。

今では、自分と夕見子が真逆だからこそ、役をやらせてもらっている意味を大切に演じていきたいと抱負を語っていました。

今まではその他大勢のような役や端役が多かった中で、この「なつぞら」での夕見子役というのは、彼女にとって大切な役になりそうです。

今後もドラマが楽しみですね~(^_-)-☆

スポンサーリンク
ABOUT ME
つばき
つばき
小学生、幼児の兄妹のお母さんです。 読書、モーニング娘。’19が大好き! 毎日捨てるものがないか目を光らせているミニマリスト志望です。