プリンセスの魔法

あれも私、これも私!モノは私!ドS宇宙さんが教えてくれたこと

こんにちは、つばきです。

ずっと気になっていた本を読み終わりました!

自分の胸に突き刺さることが書いてあったので紹介しますね。

今回私が教えたいのは、「全部、私」ということ!

え?  全部、私ってどういう意味?

詳しく解説します。

スポンサーリンク

「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」

私が読んだ本は小池浩さんの「借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」です。

 

本屋さんに並んでいるのを見るたび、買おうかな~、読もうかな~と気になっていた本です。

気になるってことは直観が働いているんだ!

と思い、今回手に取りました。

最近マンガ版も出版されました

文字を読むのが苦手な人やサクッと読みたい人は、こちらをどうぞ!

マンガでわかる!借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまく [ 小池浩 ]

物語はこうです。

あこがれのアパレルショップを立ち上げ借金2000万円を抱えたコイケ。

コイケが「やっぱりだめかもしれない。無理かもしれない。助けて神様~!」とつぶやくと、シャワーヘッドからドSの宇宙さんがやってきます。

宇宙さんの授業を受け、潜在意識を書き換える、口ぐせを変えることを実行し、幸せになるというストーリーです。

コイケとドSの宇宙さんのやり取りを通して、思考は現実化するというリアルストーリーを追えます。

「引き寄せの法則」が気になり始めた方には、導入としてぴったりの本だと思います。

オレも、おまえも、アレもコレもソレも、「全部、オレだ!」と言え

私が今回教えたいのは、

宇宙一受けたい宇宙さんの授業 8限目 の

オレも、おまえも、アレもコレもソレも、「全部、オレだ!」と言えです。

 

ひとりの人間にひとつ宇宙というものが存在します。

その宇宙の中で起きること、見えるもの、すべてが自分自身だということを忘れるな、ということです。

私の目の前にいる人、今いる環境、使っているものは、私のエネルギーなんです。

 

例えば、不幸のどん底にいる人は、出会う人が自分に対して厳しい人だったり、欠けたコップを使っていたりします。

反対に小さな命も大切にするような心のきれいな人、お金持ちの人は、出会う人が愛に満ちた人やお金持ちで、お気に入りのコップを使っていたりふわふわの上質なタオルを使っています。

ことわざにも、「類は友をよぶ」という言葉がありますね!

つまり、同じ波動を持つ物や人は互いに共鳴しあい、その波動をより大きなものに変えるのです。

マグカップはあなたの宇宙そのもの

ここまで読んですんなり理解できる人は少ないと思います。

では、あなたの使っているモノに目を向けてみましょう。

例えば、あなたが使っているマグカップはどんなものですか?

 

小さい時から使ってるもの?

応援している人のノベルティグッズ?

作家が手間をかけて作ったもの?

ハイブランドのアンティークもの?

無料でもらったノベルティグッズ?

100円ショップで間に合わせで買ったもの?

ふちが欠けてるけどとりあえず使っているもの?

コップに入れる手間が面倒だからペットボトルしか使っていない?

 

あなたの使っているマグカップは、あなた自身です

どうですか?

ちょっとハッとしませんか?

 

お気に入りのマグカップを使っている人は、自分の好きなモノがわかっている人だし、自分を大切に扱っている人です。

逆に、無料でもらったもの100円ショップで買ったマグカップを使っている人は、自分なんてこの程度の人間だと低く評価していたり、日常生活で何か我慢していることがあるのでは?

どんなマグカップを使うかは過去の自分が決めたことで、誰にも強制されるものではなく自分が決めることです。

マグカップ一つとっても、自分の思考が反映されているのです。

周りにあるものはお気に入りのもの?どうでもいいもの?

今度はもう少し視野を広げて、あなたのいる環境に目を向けてみましょう。

あなたの周りにあるものはどんなものですか?

納得いくもの、お気に入りのものに囲まれているでしょうか?

それとも我慢しながら使っているもの、無料でもらったもの、壊れているものでしょうか?

試しに、今日手に取るもの一つ一つに目を向けてみましょう。

顔を拭いたタオルは、ふかふかですか?

パイルが出たり、色あせていませんか?

スマホは画面が割れていませんか?

古い写真や消せないと思っているデータが多くて動作が重くなっていませんか?

靴は上質なもので、自分の足に合っていて、磨かれているものですか?

砂が入っていたり汚れていたり、雨で湿ったりしていませんか?

 

あなたの周りにあるものは、あなたの選択によってやってきたものです。

自分のことをどうでもいいと思っていたら、どうでもいいものばかり買ってしまったり、もらったりします。

自分を低く見ていたとき、どうでもいいものに囲まれていた

これからお話しするのは、半年前までの私です。

私は自分が専業主婦だから、お金をもらえない、家事育児をするのは当たり前、自分のことを後回しにするのは当たり前と思ってきました。

だから、子供がひっぱるアクセサリーはつけられないし、子供を追いかけられるように洋服はズボンとスニーカーが定番、本当は見たいテレビ番組があっても子供番組を優先していました。

夫がお金を稼いでいるから私が使うことはできない、しっかり貯金しなくちゃいけない、娯楽や贅沢品に使っちゃいけない、私のものは買っちゃいけない、と思っていました。

だから美容院も2年半行ってなかったし、新品の洋服は買わずにブックオフの200円の服を買う生活。

実家に帰れば母と妹が服やバッグのおさがりをくれ、パンツまで「小さくてはけなかった」という母の未使用品をはいてました(笑)

家には子供のおもちゃが溢れ、リビングはプラレールと段ボール電車に占領されている。

家は私以外のもので溢れ、「次は買えないかもしれない」とため込んだ無料でもらえた試供品やポケットティッシュを愛用していました。

そしたら・・・心も荒んでいきました。

夫とは育児や家事をする、しないで喧嘩、お金がないと喧嘩。

子供には散らかっていることに対して、いつもイライラし、怒鳴り散らしていました。

私だけが我慢すればいいんだ。

私が自分を犠牲にすればいいんだ。

私なんてただの家政婦なんだ。」

そう思えば思うほど、どんどん自分は恵まれていない環境になっていきました。

「お金がない」ばかり言っていたら本当にお金がなくなってきて、家には壊れた家電製品ばかりになってしまいました。

でもお金がないので新しいものを買う余裕も、修理する余裕もありません。

身に着けている服は200円の中古服なので、すぐに毛玉ができたり破れます。

使っている化粧品はニベアソフトと母のおさがりのBBクリームだけ。

きれいになれるわけがありません。

誕生日も結婚記念日も夫からのプレゼントはありませんでした。

それどころか、私の誕生日にケーキを買い忘れたことを夫に逆ギレされる始末。

こんな風に、自分を大切に思わなかった時期は、持っているものもどうでもいいものばかりでした。

そして、自分のことを大切にしていない私のことを大切に扱ってくれる人もいませんでした。

ティファニーのマグカップが私を底上げしてくれた

今年のお正月に読んだ1冊の本がきっかけで、世の中に「引き寄せの法則」というものがあることを知りました。

その本はこちら!

[kanren id=”137"]

なりたい自分になるには、なっているものだと思い込んで、なりたい自分が持っているものを先に持つ

このことを知り、私が真っ先に手に入れたのがティファニーのマグカップです。

元々ティファニーのお皿を持っており、このお皿でお料理を頂くときは心が豊かになるな~と感じていました。

毎日1杯飲むコーヒーをティファニーのマグカップでいただけたら、私のなりたい素敵なマダムになれるかもしれない。

そう思い、ティファニーのマグカップを手に入れようと思いました。

すると、すぐにティファニーのマグカップが私の手元にやってきたのです!

[k[kanren id=”432"]p>

ティファニーのマグカップがやってきてから、私はインスタントコーヒーをやめフレンチプレスで1杯ずつコーヒーを入れるようになりました。

このマグカップを使う時は、机をきれいにしてゆっくりと飲める時だけと決め、子供を送り出してから自分のためにコーヒーを入れて飲んでいます。

手でティファニーのマグカップを包むようにしてもっていると、私の心が豊かだな~と感じるのです。

ティファニーのマグカップを手荒に扱おうとは思いません。

大事に大事に運び、そっと優しく洗います。

これこそが、投影された私のエネルギー!!

この「豊かだな~」と感じる感覚を、ほかの日常使いのものでも感じたいと思い、今コツコツとものを見直している最中です。

私が持っているのにふさわしいものかどうか、使っていると嬉しい気持ちになるものか、それを考えながら毎日断捨離をしたり修理をしています。

スポンサーリンク

自分を大切にすると、大切にしたいもの、人、環境が浮かび上がってくる

私の周りにあるもの、人、環境は私自身だ!と思うと、丁寧に扱いたくなります。

愛を持って接したくなります。

その結果、私は自分が気持ちいいと思える場所に出かけたり、住んだりするのかな?

田舎は何もなくていやだと思っていたけど、最近は帰省するとシンプルで愛を感じられる、自然に抱かれていると感じる地元が大好きです。

旅行もゴチャゴチャとした遊園地や観光地ではなく、きれいな自然が残る場所でのんびりしたいと思うようになりました。

毎日断捨離を繰り返して、自分がいいと思うものを迎え入れていたら、毎日がお気に入りに囲まれ、生きているだけで幸せと思える瞬間で溢れるはず。

モノのエネルギーに引っ張られ、私も向上したい!

そう思うから、自分を大切にしたいから、自分を高めたいから、私はモノを捨てるのです。

自分のお気に入りのものに囲まれる生活を手にしたとき、私はどんな環境にいて誰と笑いあっているんだろう。

今日もなりたい自分を目指して、モノとの対話を楽しみたいと思います。

 

ランキングに参加しています(^^♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ABOUT ME
つばき
つばき
小学生、幼児の兄妹のお母さんです。 読書、モーニング娘。’20が大好き! 毎日捨てるものがないか目を光らせているミニマリスト志望です。