ゼロ・ウェイスト

マキさんの「エコな生活」はゴミの出ない丁寧生活でした

こんにちは、つばきです。

子供が夏休みなので、私も毎日のんびり暮らしています。

子供が夏休みの宿題に取り組むなか、私もこの夏休みに自分の自由研究に取り組もうと思いました!

私の自由研究のテーマは、「夏休み中今まで以上にごみを出さないエコな暮らしをする」。

改めてベア・ジョンソンのゼロ・ウェイストホームやエコな暮らしを綴った本を読んで、毎日の暮らしに取り入れています。

今回は、マキさんの「エコな生活」を読みました。

スポンサーリンク

小さく暮らし、エコに暮らすマキさん

マキさんのことを初めて知ったのは、マキさんのブログです。

息子が赤ちゃんだった頃、この子たちのために自然を残したいと思うようになりました。

環境に優しい、赤ちゃんに優しい洗濯洗剤はなんだろう?と毎日検索していたとき、マキさんのブログに出会いました。

その記事に

家じゅうの洗剤はすべてパックスナチュロンを使っています

という記述があり、

そっか、用途別に洗剤を用意する必要はなくて、石けんでいいんだ」と感心しました。

それから、マキさんの著書を読んでいます。

マキさんのカタカナ表記はアズマカナコさんの尊敬の気持ちからだそうです。

私の憧れのブロガーさんが私の憧れの著者に憧れているなんて!

一本の繋がりがあって嬉しくなりました(^^♪

エコな生活

 

「エコな生活」は、私たち現代人が忘れがちな「なければ自分の手を動かす、少しだけ工夫する」という視点をもった生活が綴られています。

たとえば、野菜を干して保存食にする、市販で売っている鮭フレークやマヨネーズ、ジャムを自分で作るなど。

マキさんの著書をいくつか読んでいますが、「エコな生活」は、食材を無駄なく使い、自分の手で手作りする、という記事が多かったです。

買うのではなく自分の手を動かす

私が特に参考にしたい!と感じたのは、「売っているものはほとんど手作りできる」という考え方。

市販品のすべてを手作りするには時間の節約と反比例していると思います。

でもなんでも買って済まそうではなくて、ちょっと自分で手作りしてみる、考え方を変えてなしで済ます、代用できるものがないか家の中を探す。

ちょっと自分の頭と手を動かせば、よりよい暮らしにつながるのかなと思いました。

マキさんとは違って、私は鮭フレークは瓶入りのものを買ってきているし、ジャムも買っています。

でも作ろうと思えば作れるんですよね。

考えてみれば、私の大好きな映画ってだいたい手作りのおいしそうなご飯が出てくるんですよ!

 

「西の魔女が死んだ」ではおばあちゃんが作るワイルドストロベリーのジャム。

「食堂カタツムリ」では恋が実る野菜スープ。

「となりのトトロ」では七輪で焼いた魚と桜でんぷ、ほうれん草のお浸しのお弁当。

 

特にジブリ映画では手を動かすことが多く描かれていると思います。

掃除のシーンは必ず出てきますよね。

それから、映画の登場人物は手を動かして何かに夢中になっている。

私は学生のころ「耳をすませば」にあこがれてたくさんの本を抱えて読んだりしました(笑)

改めて考えてみると、私は「生きる力」を感じられる作品に惹かれているのかな、と思います。

だから、自分の頭と手を動かすシンプルライフやミニマリストに惹かれるのかもしれません。

手を動かしてお気に入りを愛でる

例えば子供の給食袋も今では100円ショップで簡単に手に入ります。

でも、子供と一緒に生地を選び、毎日楽しく給食を食べてほしいなあと子供を思いながら作った給食袋は、きっと大切にするはず。

長く使えるものを買い、大切に磨く。

手放すときは次に使ってくれる人や子どもに譲る。

こうすることでゴミの減少にもつながります。

今息子がお気に入りのズボンがあるのですが、お尻の部分が裂けてしまいました。

どうする?もう小さくなってきたしポイする?」

と聞くと、

絶対にヤダ!お母さん縫って!」

と言いました。

私はその気持ちに応えたくて、お尻の破れた部分をちくちく縫いました。

私もお気に入りのパッチワークを使ったズボンです。

私もお気に入り、息子もお気に入り。

その気持ちが嬉しかったです。

スポンサーリンク

手仕事はゴミを減らすことにもつながる

家にやって来るモノの選び方も長く愛せるようなものを選んだり、貢献したいと思うようなお店を選ぶことも大切だと思います。

例えば私は大量生産の調味料を買うよりも、昔ながらの製法で作っている会社、プラスチック容器でなくリターナル瓶で売っている会社を選ぶようにしています。

最近、ごみを減らすという自分の自由研究をしていて気づいたことがあります。

それは、家から出るごみのほとんどが食品を包装していたプラスチックだということ。

だからマキさんのようにマヨネーズやカスタードクリームも使う分だけ手作りするようになれば、

プラスチックの袋

プラスチックの容器

プラスチックのキャップ

というリサイクルできず捨てるしかないゴミを出さずにすみます。

ゴミがあまり出ないと思っていた鮭フレークの瓶だって、ふたの部分や材料名が書かれたフィルムがシュリンクされていることに気付きました。

こうした小さなプラスチックも積もり積もると大量のゴミになります。

うちだけでなく、何世帯からも同じゴミが出ているんですからね。

鮭フレークを自分で作れば、出るゴミはきっとお魚パックについてきたラップ部分のみで済みます。

対面のお魚屋さんで買う時に、自宅から保存容器を持っていき、その容器に魚を入れてもらえたら、そのラップゴミも出さずに済むかもしれません。

手を動かすことで、自分の智慧になるだけでなく、ゴミも減らせるようになるんですね

これは新たな発見でした。

私も自分にできる範囲で手作りすることで、さらにゴミを減らしていきたいなと思いました!

 

マキさんの最新本「マキ流やめていい家事」の関連記事はこちら↓

[kanren id=”1437"]

 

見ていただきありがとうございます(^^♪ランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ABOUT ME
つばき
つばき
小学生、幼児の兄妹のお母さんです。 読書、モーニング娘。’20が大好き! 毎日捨てるものがないか目を光らせているミニマリスト志望です。