お金のこと

お金は貯めるものじゃない!お金に支配されない生き方とは?

こんにちは、つばきです。

突然ですが、みなさんは貯金が好きですか?

貯金をたんまり持っている人も、その日暮らしの人もいるかと思います(^^♪

私は、現在貯金0円生活をしています。

先月夫が入院したため、またまた貯金が0円になってしまいました( ;∀;)

前回、貯金が底をついたお話はこちら↓

[kanren id=”2042"]

でも、不安も焦りもないです。

それは、貯金はないけれど、運用をしている資産があるから。

ただ銀行口座に置いておく貯金と、世の中にお金を回していくための投資は似て非なるものなのです。

あのさわかみ投信の社長澤上篤人氏も貯金は20万円だけで、残りは全部自社の投信に回しているそうです!

スポンサーリンク

貯金はなんのためなのか?

そもそも貯金はなんのためにするのでしょうか?

それは、入院や事故、伴侶の死、子どもの教育費、老後の資金など、起こるかもしれない不測の事態に備えるためですよね?

では、その不測の事態が起こるのは何パーセントの可能性でしょうか?

20代や30代など若い世代が死んで家族が保険金を受け取る可能性は、宝くじ1等に当たるよりも低い確率だとも言われています。

日本は国民皆健康保険の国ですし、医療費はそれほど心配しなくてもいいでしょう。

教育費は児童手当をそっくりそのまま貯金しておけば、大学1年生の時に支払う費用は賄えます。

老後の資金も、生活にかかるコストを削減すれば巷で言われているような老後は3000万円以上必要といわれている説よりも少なくて済むと言われています。

備えあれば憂いなしですが、自分の手元に使わないお金を置いておくことがどれだけ日本の経済にとって不利益になるか知っていますか?

日本の経済を発展させるためにも、貯めこんでいるお金をもっと使いましょうと言っているのが、「お金に支配されない生き方」です。

お金に支配されない生き方

この本はさわかみ投信の社長が書いた本です。

 

さわかみ投信は日本で唯一20年以上上昇している優良投信です。

余ったお金は長期保有型投信で運用してくのがおすすめ!という宣伝のような本なのですが、社長のかっこいいお金の使い方を知ると、やはりお金持ちは人のため、世の中のためにお金を使っているんだなと感じました。

自分だけ良ければそれでいい、と考える人は少ないのですね。

自分さえ良ければそれでいいと考えている人こそ、たんまり貯金を抱えていて、困っている家族や親族にもお金を使っていない人だと思います。

余った資金を投資信託で運用しようか悩んでいる人は、一読するといいと思います。

私がこの本で一番惹かれたのが、第一章の「お金の余裕は、つくり出すもの」という部分です。

この第一章さえ理解して実行すれば、お金持ちへの道は確実に開かれると思います。

生活していくだけで精いっぱい

生活していくだけでお金の余裕がない、という声はあちこちで聞きます。

実際に私もそう思っています。

だって現在貯金0円ですからね( ;∀;)

夫の手取り月収22万円で家族4人で暮らし、食費や日用品を含めた生活費は月4万円でやりくりをしています。

[k[kanren id=”2091"]p>

[kan[kanren id=”2136"]

手取り22万円を超えた時も、22万円以上のお金はないものとして差額分は先取り貯金に回してしまいます。

私の収入のうち、月5000円はインデックス投資の積み立て、残りはスマホ料金、県民共済を支払い、自分の興味のある本を買ったり、靴下や下着などの消耗品を買ったり、月に1度は子供と心が豊かになる食べ物やお出かけの交通費に使っています(^^♪

私の収入はほぼないものとして、家族4人の暮らしを回しています。

決して多いとはいえない我が家の収入。

でも、年収が低い人でも資産1000万円以上の人もいれば、年収1000万円なのに貯金0円の人もいます。

年収の多い少ないは関係なく、問題はお金の余裕を意識して作っているかどうか?

なんとなく生活しているから、生活がギリギリで不安から解放されない。

いつもお金の悩みを抱えていてお金に支配されっぱなしの人生を送っている。

これではお金が主役であなたは脇役。

そうではなくて、あなたが主役になってお金に支配されない生き方をするべきだと澤上社長は言っています。

1か月ケチケチゲームをすると驚くほどお金が浮いてくる

澤上さんがおすすめしている方法が、1か月だけ優雅なる節約をしてみること。

ありとあらゆる支払いを徹底的にケチってみるという実験を行うことだと言っています。

家事は深夜電力を使う。

テレビのつけっぱなしをやめる。

エアコンの使用は最小限にし、省エネ設定温度も守る。

お風呂は家族でまとめて入って追い炊きせず、シャワーを短い時間で切り上げる。

車を使用せず、1,2駅は歩いてしまう。

無駄な飲み会は行かない。

バーゲンや安いからという理由でものを買わない。

スマホをいじる時間を短くする。

ゲーム感覚で思い浮かぶ節約を試してみると、びっくりするほどお金が浮くことに気付くはずだ。

そして、ケチケチしてつらかったものは元通りにし、削減してもかまわないものはやめてしまう。

この時に浮いたお金を、翌月からははじめからなかったものとして貯金します。

少し無理をしてでもお金を余らせる努力をするんです。

この優雅な節約を習慣にしてしまい、余ったお金を投資に回していくというのがおすすめなんです。

この本を読み、私も2月はお金を使わないチャレンジに挑んでいます!

[kanre[kanren id=”2576"]h2 class="hh hh3 main-bdr">社長の優雅な節約スタイル

言うのは簡単だけど、そうはいっても社長!

裕福な暮らしをしておいでなんでしょう?(笑)

一般人はこんな風に考えるものですが、いまでも質素な生活を送っている社長のライフスタイルを知り、驚きました。

さわかみ投信を設立して軌道に乗っている今も、給料は驚くほど安いそう。

住宅ローンを抱えながら、「なんとか食っていければ、それで十分」でやっている。

背広は2万円のものを毎日ブラシをかけ10年着る。

毎日の運動をかかさず、体のラインを崩さないおかげで服の買い換えもしなくて済むし、健康も手に入る。

エアコンはあまり使用しない。

お酒は静かにのむスタイルで、ワインは1本1000円。

それでもよい仲間に囲まれ、おなかは満たされ、リッチな毎日を送っていると感じる。

庶民とあまり変わらない生活どころか、それ以上だと感じませんか?

一般人で2万円のスーツを10年間着続けている人、どれくらいいるでしょうか?

澤上社長のライフスタイルを知ると、「となりの億万長者」というのは本当なんだな~と思います!

 

「となりの億万長者」というのは今でも多くの人に読まれているベストセラーのビジネス書です。

この本によると、多くの億万長者というのは、資産が豊富になってからも質素倹約を徹底し、高級車や豪邸を買いあさり、ブランドバッグや豪遊に夢中になる人はいないそうです。

メディアで見かける金遣いの派手なお金持ちというのは成金で、本当の億万長者はメディアや視聴者の期待を裏切るほど魅力に欠ける(と思われる)質素な生活をしているのです。

澤上社長もそうですね。

そして節約を心がけているため、お金は余っていく一方です。

そのため、どこかでお金が必要ときけばそちらにお金を回し、かっこいいお金の使い方を実践しています。

例えば澤上社長はオペラ財団を立ち上げ、本場イタリアで勉強をしたい日本人学生を資金援助しています。

たとえ貯金を1000万円持っていても、使わずにため込んでいるのが貧乏人。

お金を必要としているところへ資産を回すのが、お金持ちです。

 

スポンサーリンク

まずは100万円貯金し、必要以上はお金を回す

お金もものも、自分の所に貯めこんで使わずにいると、だんだんその価値は失われていくものです。

例えば、あなたの手元にヴァイオリンがあるとしましょう。

あなたはヴァイオリンを弾きません。

ただ所有しているだけです。

このまま所有していても、ヴァイオリンは手入れをされず演奏されることもないため、湿気を帯び、カビていきます。

でも、あなたの使わないそのヴァイオリンを売ったり、習いたい人にあげた場合、喜んで使ってくれる人が現れます。

あなたはその人に感謝され、ヴァイオリンは美しい音色を響かせます。

あなたの手元に何十年も眠らせておくヴァイオリンと、手放したヴァイオリン、どちらのほうが幸せだと思いますか?

これをお金にも置き替えて考えるんです。

あなたが蓄えこんで1000万円置いておくのと、お金に困っている人にあげたり貸してあげるのと、どちらが世の中のためになるでしょうか?

あなたがお金を使うだけで、笑顔にできる人がたくさんいるんです。

まずは、自分の家族を守るための貯金100万円を作りましょう。

これは、優雅な節約で作りだします。

そして自分の家族に必要なお金以上ができたら、そのお金を人にあげる、寄付する、投資することで使ってあげます。

使ったお金は笑顔や感謝になって返ってくる他、あなたが必要だと思った時に必要な分だけ入ってきます。

私は今まで必要な分だけお金がやってきたという経験を何度もしています。

まるで神様が見ていて、「この金額で足りるでしょ?」とお小遣いをくれるように、やりたいことや欲しい金額ちょうどのお金をもらったり、臨時収入として入ってくるんです。

この経験があるから、私は安心してお金を使ったり、投資したりしています。

私の収入は県民共済と、スマホの料金と、数冊の本を買うお金があればそれで十分なので、それ以上のお金は投資信託を利用しています。

2018年年末の株価暴落で含み損が出ていますが、あせらずゆっくりこつこつと育てていくつもりなので、不安はありません。

もし、お金を貯めたい!お金持ちになりたい!と思っているのなら、お金持ちがどんなふうにお金を使っているのか、お金についてどう思っているのかを勉強してみるといいと思います。

なりたい人の真似をすることが、なりたい人になる近道!

身近な人にロールモデルが現れた時、真似してみようと思うか、嫉妬を感じるかで人生は大きく分かれると思います。

私も、近所のセレブママを参考に、彼女の立ち振る舞いや言動を観察して、自分の生活に生かすようにしています。

すると、本当に自分の心の持ちようや余裕というものが変わってきました!

[kanren [kanren id=”451"]自己中心的に自分さえよければそれでいいと思わずに、もう少し広い視野を持って、「今の私にいったい何ができる?」と問いかけてみてくださいね。

 

ミニマリスト、ごみを出さないゼロ・ウェイストな暮らしを目指しています(^^♪

ランキングに参加しています!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
つばき
つばき
小学生、幼児の兄妹のお母さんです。 読書、モーニング娘。’19が大好き! 毎日捨てるものがないか目を光らせているミニマリスト志望です。