プリンセスの魔法

自分のことを後回しにしない!今日は気になったことを全部やる日!

前からあれをしようと思っていたけど時間がなくてできない。

本当はあれが欲しいけど我慢している。

あそこに行かなくちゃと思っていたのに行けていない。

あの本を読まなくちゃと思っているのに手に取れない。

 

したいと思っていることが出来ないときって、プチストレスが溜まったり、時間のやりくりができない自分にイラついたりして、「やっぱり自分はできなかった」と自分を責めたりクヨクヨしたりしますよね。

しまいには、「できないのは◯◯のせいだ!」と責任転嫁して、さらにイライラしたりネガティブになっていく。

私も子育てに追われ、自分の本当にやりたいこと、欲しいものを後回しにする癖があります。

そしてそれができないのは周りのせいだと自分以外のものに原因を求め、心の中が不満だらけになってしまいます。

その心の癖に気づいてからは、自分のほしいもの、やりたいことに「いいよ!」と許可を出してあげることを積極的に取り入れることにしています。

今日は春休みになる前の最後の一人の日。

幼稚園のお迎えまでの2時間で、最近やりたいと思っていたことを全部叶えました!

スポンサーリンク

春のシフォンブラウスを買う

私は一年の中でもパステルカラー、マロンカラーが取り揃えられた春服が大好きです。

普段はリサイクルショップで中古品を買うことがほとんどの私ですが、春は一年間着回せるベーシックな洋服と、気分がうきうきするような明るい色の洋服を買います。

今度、大好きな作家さんの講演会に行くので、そのためにキラキラオーラ満載の洋服がほしいなと1ヶ月くらい考えていました。

服を買おうと決めても、

「家に着られる服あるでしょ?」

「この日のためにわざわざ買わなくてもいいでしょ?」

「服を買うくらいなら他のことにお金を使った方がいいんじゃない?」

と心の声が私をたしなめてきました。

でも、私の人生を変えたメンターと呼べる方にお会いするのに、着古した服では行きたくない!

私の心の中にいる小さな女の子は「着ると嬉しい気持ちになる服で会いに行きたいの!」と言っていました。

講演会に行くことを決めてから1か月、ずっと聞かないふりをしてきた心の声に応えてあげることにしました。

なんといっても幼稚園のお迎えの時間が決まっているので、ささっと3着試着し、一番気に入った白のシフォンブラウスを購入しました。

全然春色カラーじゃなかった(-_-;)

春色のトップスも着たんですが、シルエットがしっくりこず違和感があったのでやめました。

こういう時は直観に従うものです。

一着新しい服があるだけで、気持ちってウキウキしてくるものですね(^^♪

講演会に行くのが楽しみになりました。

気になっていた本を買う

本屋さんの棚に前から並んでいたのは知っていたんですが、手が出なかった本。

宮本佳実さんの「「全部、思い通り」になる方法 「私の生きる世界」は、私が決める! (単行本) [ 宮本 佳実 ] 」という本です。

 

 

宮本佳実さんの本を読むと、元気になれるしもっと頑張ろう!もっと素直になろう!と思えるので、私の栄養ドリンクのような本です。

ちょっとメンタルが落ち込んでいたり、自分の気持ちを我慢しているなと感じたら、宮本さんの本を手に取り、自分の心をご機嫌にするようにしています。

「新刊だ!読みたい!」と思っていたにも関わらず、数か月たってしまいました。

中古で買おうか、図書館で借りようかと考えながら何一つ手を付けずに放置。

「今、読みたい」と吸い寄せられるように本屋に向かっていました。

最初の数十ページを読んだだけですが、もう心にハートや音符が飛びまくっています(^^♪

神社にお参りに行く

毎月1日にお参りに行く近所の神社。

「そういえば今月まだ行ってなかった」と思い出し、買い物の帰りに立ち寄りました。

神社につくとビュービューと風が吹き、木々がバサバサと揺れました。

以前読んだ「妻に龍がつきまして」で、神社で風が吹いた時は神様に迎えられている印だと書いてありました。

なんだかすごくうれしくなって、龍雲が出ていないか確認しました。

その時にふと青空を見つめ、空のきれいなこと、自分の小ささ、当たり前のような日常の幸せに気付き、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そのことを神社の神様にもお伝えして、心につっかえていた「まだやってない」も置いてきました。

不要品をメルカリで売る

私は春になると大掃除をしたくなります。

温かい空気が窓掃除に誘います。

進級を控えた子供たちがお道具箱を持ち帰ったり、新しい教材を持ち帰ると、自分の暮らしも一緒にアップデートされた気になります。

そうすると、以前は必要だったけどもう使わなくなったものを捨てたくなります。

子供たちが進級していくように、私も主婦歴、母親歴を進級していく。

「今の私はもうこれがなくても生きていける」と思うものが、どんどん出てくるのが春です。

今春のテーマは「36歳が持つのにふさわしいものか?」です。

ただ所有しているだけだったディズニーのコレクションやキャラクターのもの、もう聞かないCDを処分しました。

探してみるとダンボール一箱分の不用品が出てきたので、コツコツとメルカリに出品しました。

スポンサーリンク

自分にOKを出してあげよう

子供の教育費のため、住宅ローンを返すため、老後資金のため。

今はまだわからない未来に不安を感じて、あるかどうかわからない未来のためにコツコツ貯金をしますよね。

もちろん貯金は大切なんだけど、たまには自分のためにお金を使って自分に投資することも必要だと思います。

お金って使うためにあります。

使わなかったらただの紙です。

こども銀行券と変わりません。

もし、ほんの少しのお金と時間を使うことで、自分がハッピーになるならぜひ使ってください。

自分の心が満たされてはじめて、人は他人に優しくなれます。

自分の心の声は自分しか聞こえない。

だから、心の中の小さな子供の声が聞こえたら、その声の願いを叶えてほしいなと思います。

 

ミニマリスト、ごみを出さないゼロ・ウェイストな暮らしを目指しています(^^♪

ランキングに参加しています。

いつもありがとう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
ABOUT ME
つばき
つばき
小学生、幼児の兄妹のお母さんです。 読書、モーニング娘。’19が大好き! 毎日捨てるものがないか目を光らせているミニマリスト志望です。